簡単!多目的スペースの作り方

English


パンデミックの発生により、私たちの生活スタイルが大きく変化しています。私自身を含め、多くの人々が長期にわたって在宅勤務を行っています。複数の家族と生活をしている人の中には、家の中に十分な自分のスペースがなくて、ストレスを感じている人もいるでしょう。あるいは、一人暮らしの人であれば、かつてのように友達たちと外出する機会も大きく減り、家に一人で居ることが長くなったことでストレスを感じている場合もあるかもしれません。

生活スタイルの変化により、快適に家族と住めるように、家の中に多目的スペースを作りたいと私の元へ相談しに来る方々が最近増えて来たように感じます。会社経営者でありながら、妻であり5歳の息子さんを持つ母である、上坪可奈さんも、その一人です。

彼女の要望は、寝る場所・ピアノを弾くことができるレクレーションエリア・仕事ができるホームオフィス、という3つの目的が詰まった「多目的ベッドルーム」を作ることでした。彼女が以前私の家に遊びに来た時、私がリビングルームに作った夫のホームオフィスと、ベッドルームに作った私のホームオフィス・またそこに作り足した、音楽やエクササイズを楽しみ、リラックスができるレクレーションエリアを見て、インスパイアされたようでした。実際のプロジェクトに関しては、もっと詳しく画像や動画と共に、後日ゆっくり書きたいと思っています。しかし今日この記事では、私が彼女に教えた、 新しいものを買い足すことなく簡単に多目的スペースを作ることができるコツを、ご紹介したいと思います。

多目的リビングルーム

1)私たちのリビングルーム

2)夫のホームオフィス

3)ダイニングエリア





多目的ベッドルーム

1)私たちのベッドルーム

2)私のホームオフィス

3)ホームオフィスからの風景

4)レクレーションエリア









多目的ベッドルームのプロジェクトの準備をしている際に、彼女がある日私にこうぼやいたことがあります。「毎日ダイニングテーブルでリモートワークをすることに、もう嫌気がさしているの。気持ちの切り替えをするのが大変なのよ、ファミリーライフモードから仕事モードに切り替えるのにエネルギーを消耗するの。」

彼女の気持ちはよく理解できました。プライベートと仕事の境なく、毎日長時間家で働いていたら、それは誰でも脳が疲労します。パンデミック以前は、職場まで行く「通勤時間」というものがあって、そこで普通ならプライベートライフモードから仕事モードに頭を切り替える準備ができていたのに、今の彼女にはその切り替え時間がありません。

そこで、私は彼女に、今のその状況を簡単に変えられるコツをいくつか教えました。まずは、彼女が仮の仕事場として使っているダイニングテーブルに、2つの役割を持たせること。つまり、家族と共に食事を楽しむ、従来の役割である、食卓…そして、集中して仕事ができる仕事机、という2つの役割です。

1) 食卓を仕事机に。

元々は、4脚の椅子付きの四角い食卓で、同時に4名が座ることができるようにセッティングされていました。

Image A



私が提案したことは、まず、壁側の椅子1脚を除け、テーブルを壁にくっつけて窓に顔が向くように、つまり背中が廊下・リビングルームに向くように座ることで、他の家族の姿をなるべく見ないで済むように座ることです。4人掛けのままだと、どうしても食卓感が抜けません。彼女が座る椅子以外に2脚を残したままなのは、向かい(あるいは隣)の1脚は彼女の夫でありビジネスパートナーのサーシャが座ってミーティングテーブルとして使うことができますし、もう1脚は 急に息子のカイくんを見なくてはいけないような場合にも使えるからです。(Image B)

Image B