ライフスタイルデザイン講座 @Hug Music

February 27, 2019

English

https://www.aimjohnson.com/single-post/2019/02/27/Lifestyle-Design-Workshop-Hug-Music  

 

去年の11月に、NYフォレストヒルズに所在するミュージックスクール「ハグミュージック」にて、音楽療法士・指導者向けにワークショップを開催させていただきました。

ハグミュージックは、音楽を教えるだけでなくミュージックセラピーを200人もの子供たちに提供している学校です。

生徒の多くはスペシャルニーズの子供たちだそうです。

 

 

実は数年前に、私はこのスクールのオーナーであり校長の上坪可奈さんのご自宅と学校にコンサルティングサービスをさしあげた経緯があります。

https://www.aimjohnson.com/testimonial-kana

 

 

今回は私がこの学校の指導者・音楽療法士たちに1時間ワークショップを提案させていただいた理由は、彼女たちがどれだけ空間が人の心理と行動に影響をあたえるものであるかを知っておくことはクラスを運営するに当たって大変有益なことだ思ったからでした。

 

 

校長が、私のコンサルテーションによってどれだけ学校と自宅が見た目だけでなく機能性も同時に改善されたかを参加者たちにシェアするところから、講座が始まりました。

 

 

私がこの講座で指導者・音楽療法師の先生方にシェアしたことは、風水・インテリアデザイン・色彩心理・空間心理の知識を駆使してどのようにライフスタイルをデザインしていくかということです。

 

 

そして、それらの知識を使ってどのようにクラスルームを効果的にセッティングすることができるかなどのお話にまで発展しました。

 

 

 

自分のゴールさえ明確であれば、ライフスタイル・どのように生きて生きたいかをデザインすることは可能です。

 

 

人生の中の多くの時間を費やす家の中や職場の環境などは、私たちのゴール達成においてとても大切な要因とも言えます。

 

 

同じことが、クラスルームセッティングにも言えるのです。

 

 

指導者・音楽療法士のみなさんは、空間としてのクラスルームをセッティングするだけでなく・生徒の感情的経験、さらにはその日の学習目標さえも空間セッティングを通してデザインしていくことさえ可能です。

 

 

 

どのように生徒をクラスへ迎え入れるか・クラスのどの位置に自分が立つ(座る)か・あるいはどのように生徒を座らせるか、など、、、、こららの細かいことはクラスルームのダイナミクスに大きく影響を与え、その結果生徒の情緒や学習経験にも影響を及ぼします。

 

 

これらのことをもっと先生方にシェアしたかったのですが1時間と時間が限られていましたので、また別の機会にいつかもっとお話ができたらなと思います。今回このよな機会をくださいましたハグミュージックに感謝いたします。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags