Psychological interior coordination in Mcdonald's・マクドナルドに見る空間心理学的なインテリアコーディネート

November 21, 2017

Have you ever heard about Space Psychology (or Environmental Psychology)? 

 

This is one of very interesting psychologies which was established in the U.S. in 70's, and Robert Somer is a well known psychologist who suggested interior and exterior of any given space can be deigned to control people's behaviors. 

 

 

空間心理学・あるいは環境心理学というのを聞いたことがあるでしょうか?

 

これは、70年代のアメリカで生まれた非常に興味深い心理学で、ロバート・ソマーという学者がその権威的な心理学者として知られています。彼は、人間の行動をコントロールすることができるようにインテリアやエクステリアをデザインするのは可能だと提唱した第一人者です。

 

 

 

 

 

We can see so many spaces everywhere which are intentionally designed following this environmental psychological principle. 

 

このように心理学的な原理に基づいて意図的にデザインされた空間は、生活のいたるところに見受けられます。

 

 

 

 

 

 

The most simple example is Mcdonald's interior design. 

 

もっとも分かりやすい例が、マクドナルドのインテリアです。

 

 

 

Everybody in the world knows this logo with yellow and red.

 

世界中の誰もが、この黄色と赤色のロゴマークを知っていますね。

 

 

 

The main color of Mcdonald's interior is red. 

 

マクドナルドのインテリアに使われるメインのカラーは、赤色です。

 

 

 

Oftenly yellow and white are used too as accent colors.

 

しばしばアクセントカラーとして黄色と白色が使われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Can you guess why these colors are used?

 

なぜそれらの色が使われているか想像できますか?

 

 

 

 

 

First, red color stimulates our vision and keeps us excited. It also attracts us and gets our attention immidietely. 

 

まず、赤色というのは人間の視覚を刺激し、私たちを興奮させる作用があります。また私たちを惹きつけ、注意を瞬時に引きます。

 

 

 

 

But this color can not keep our focus too long.

That means, at the same time, that red color does not make us feel comfortable in long term. 

 

でもこの色は私たちの集中力を持続させる力はありません。

 つまり、赤色には長期的に私たちの心を落ち着かせる作用はありません。

 

 

 

Seating is also an important factor when it comes to designing space in fast food restaurant. Usually their seats are hard made from plastic or small size stools so that we can not sit on too long. 

 

座る席もファーストフード店のインテリアには大事な空間心理学的仕掛けがあります。大概はプラスチック製の硬いシートだったり、小さいスツールだったり、、、私たちが長く居座らないようにするためです。

 

 

 

 

They do not want us to stay there being so relaxed and comfortable, because if we do so their business does not go well. They want us to eat fast and go fast. They need a fast circulation to keep their business going on. 

 

店の意図としては、私たち消費者が店でリラックスして心地よくなってもらっては逆に商売あがったりなのです。ファーストフードですから、早く食べて早く出て行って欲しい。客の回転が良くなければならないわけです。

 

 

 

 

 

Like this way, environmental psychology in interior and exterior can be seen everywhere. 

 

このように、空間心理学的な影響を見込んでのインテリア・エクステリアデザインは至る所で見られます。

 

 

 

 

 

Why don't we use this in our home, too then? 

 

このテクニックを自分の家にも使って見たらいいとは思いませんか?

 

 

 

 

Of course, in that case, we should not use too much red but some colors that makes us very comfortable. 

 

もちろんその場合は赤の多用は避け、落ち着く色を家には選ばねばなりませんが。

 

 

 

 

If you are trying to make your home more comfortable place and need some help, please feel free to contact me at info@aimjohnson.com

 

もしご自宅をもっと快適にしたいのだけどその方法が分からないので助けが必要だと思っていらっしゃるならば、お気軽に info@aimjohnson.comまでご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive