映画「タクシードライバー」に見る風水的NG・パート1

先週、夫と一緒に私の好きな映画「タクシードライバー」を見ました。 マーチン・スコセッシ監督のこの映画、出演俳優はロバート・デニーロやジョディー・フォスターで、1976年に制作されたサイコスリラーの名作です。 この映画を最後に見たのは確か、私がまだ日本に住んでいた高校時代だったと思います。 今はニューヨークに住んでいるので、この映画で見る様々なNYの風景により一層親しみを感じます。 さて、今日はこの映画のいくつかのシーンに見られた風水的NG事項をご紹介したいと思います。結構いろんなところでこのNGケースを見るので、見るたびに直したくなる私がいます(笑)。 これはかなり典型的なNGです。 レストラン・カフェ・バー等の席 映画の主人公であるトラビス(ロバート・デニーロ)は美しいベッツィー(シビル・シェパード)をコーヒーに誘います。 上の写真ではちゃんと見えないのですが、トラビスはベッツィーを入り口ドアにとても近い席に座らせています。 まず第一に、私がレストランオーナーであれば、こんなに入り口に近い場所にお客が座る席を設けたりましないでしょう。 次いでは、もし私が射止めたい女性をデートに誘う男であったとしたら、彼女をそんな場所には絶対座らせません。 その理由は、風水では入り口(玄関)ドアを「気の入り口」と捉えるのですが、ドアから気(だけでなく人間も)が入ったり出たりして、大変忙しいエリアです。もし入り口に近すぎる席に座ったら、無意識にでもあるいは意識的にでも、良い心地はしませんし、リラックスができません。 実際この理由で、夫と私がこのような席に座らねばならない時、私はよく夫にサーバーに

Feng Shui NO NO in Taxi Driver the movie, part 1.

Last weekend, I enjoyed watching my favorite movie Taxi Driver with my husband. Taxi Driver is a psychological thriller film directed by Martin Scorsese, starring Robert De Niro, and Jodie Foster in 1976. I think the last time I watched the movie was probably when I was still a high school girl in Japan. I like this movie a lot. Now I am living in NY so I can relate myself more with what I see in this movie than when I lived in Japan. In several scenes, I found some feng shui NG so I'd like to introduce them because I think it's so commonly seen everywhere, which makes me feel fixing (hahaha). These are very typical No No: Seating in the restaurant / cafe / bar The main character Travis (Ro

footer-logo.png

Office

SNS

Contact

Brooklyn, New York,

USA

  • Facebook
  • YouTube
  • Twitter
  • Instagram

Ai works with her clients closely to create not only ideal homes but also offices, salons, schools,

and other spaces where they would seek self-love. 

©2020 by Ai Feng Shui interiorb Consulting​​ | Design & Development by  brandnetizen.tech